北風吹きぬく寒い朝も心ひとつで暖かくなる

2006年1月21日 11時31分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ

ほんとにそうならいいけど・・・

ついに東京でも雪景色!先日コハクチョウが善福寺池に飛来したのも、かれらの「定宿」が今年は寒すぎるので南下したのだそう。この冬は寒さの話題に事欠きません。北半球全体が寒波に覆われてしまったかのようです。

日本の豪雪は死者100人を超える被害を出してしまったし、ニューヨークはマイナス20度、シベリアなどはマイナス30度にまで気温が下がったといい、CO2削減はますます難しくなってしまうじゃないの、と考え込んでしまいます。

電力消費量が最大になるのが真夏の午後と言われているので、暑いときのクーラーを我慢すればエネルギー削減できると考えられているふしがありますが、暖房で使うエネルギーのほうが家庭ではずっと多いのです。

一昨年から昨年にかけて、夏・冬の2ヵ月間ずつ家庭の電力とガス消費量を調査する「エネルギーダイエット」に参加して、このことは私も実感しています。

ことに我が家の場合、ただでさえ夏と冬のエネルギー消費量に差があるところを、夏の省エネ評価が最優秀の「A」なのに冬は「D」と最低なのは、住宅の断熱効力と私の寒がりと、おそらく両方に原因があるのでしょう。

EUでは住宅の断熱性能を評価し認証する制度があり、エネルギー削減の取り組みとして注目されます。日本でも参考にできないか、研究のためドイツに視察に行った人たちが身近にいるので、今度ぜひ話を聞きたいと思います。

「北風吹きぬく寒い朝も〜」は20代の吉永小百合が歌ったヒット曲。昭和37年だそうです。でも私に言わせれば、心ひとつじゃ暖かくならないんだなあ〜。