満月の日に産まれた孫 女の子です

2007年10月2日 08時20分 | カテゴリー: 映画・オペラ・おたのしみ

思い出すだけで・・・♪

月の満ち欠けと出産は関係があるというけれど、中秋の名月のその日、産院では出産ラッシュだったようです。新生児室の20人のうち9人が同じ誕生日。私の2番目の息子にもその日女の子が産まれました。

私にとっては2年ぶり、2番目の孫です。最初の孫は千葉の病院だったので一度しか見に行けなかったけど、今回は区内の病院だから、夜の面会時間めざして帰りがけに立ち寄るのが待ち遠しくてたまりません。

ただいま区議会定例会の開催中につき、質問準備や調査に忙殺される毎日ですが、この世の中に出てきてくれた、生まれてきてくれた赤んぼうのことを思い出すだけで疲れがいやされるから不思議です。

そういえば、腰痛もちの友人が「痛み止めのくすり」と言って見せてくれたのは、彼女の孫の写真でした。これを見ると痛みがやわらぐのだと。

もし私が独りでだらしなく無意識に笑っていたら、それはきっと「彼女」のことを思い出していると考えて間違いないです。〜♪