区長の焼却施設縮小論をあらためて問う

2008年6月24日 12時44分 | カテゴリー: ごみとリサイクル

第2定例会の議会質問より ⑤

ごみが減っているのに清掃一部事務組合の分担金が増えていることをほとんどの区民は知りませんし、まして、なぜそうなのか知る由もないでしょう。一組は23区民に対して説明責任を果たすべきです。

今後家庭ごみの有料化の検討が始まるようですが、ごみ処理経費として一組にはすでに区の会計から分担金を支払っていること、そのうえで区民にさらなる負担を求めるものであることについて、区民が理解していることが前提となるべきでしょう。区としても、区民に対し、一組についての周知を図る必要があります。

ところで、ごみ問題の情報誌『月刊廃棄物』の今年1月号に、山田区長へのインタビュー記事が掲載されました。

区長は、「収集から処理まで一本の線でつながっていることを考えると、隣り合う区やごみ政策の方向性が歩み寄れる区が協定を結んで、処理施設を役割分担していく方法もある。清掃工場を持っている区が先頭に立てば、『燃やすごみを減らす』という意向が反映できる。」と述べ、共感するものです。

ごみ減量と資源化に積極的に取り組み、かつ自区内に清掃工場を持つ杉並区こそ、まさに先頭に立って他区に呼びかけていくべきではないのか。あるいは、杉並と同様に容リ法に基づく廃プラ資源化に取り組む千代田、中央、新宿、葛飾、江戸川や、10月から全区展開を実施する練馬、中野などと連携した動きを作っていくことも可能ではないのでしょうか。

さらに区長は、「資源化を進めることで区民の手間や、分別収集の費用をかけている以上、その見返りとして不要になった工場を減らさなければならない。焼却施設が減り、埋め立てごみも減り、負担も経るという将来の利益を、分別収集にかかる費用に還元するのがふさわしい。そうしたしくみができれば、リサイクルはさらにすすむだろう。」とつづけ、焼却施設縮小論に言及しています。

生活者ネットとして共感できるものがあり、これらの発言についてあらためて区長の意向を質問したところ、区長自身より「安定的な処理を前提に、ごみ量の減に応じて施設規模の適正化を図る必要がある」旨の答弁がありました。

写真 23区プラスチック問題意見交換会 6/6