「安心実現」を形にしてから辞めるべきだった

2008年9月3日 09時09分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会

首相の9月病?・・・まさか!

9月1日といえば、夏休みが終って2学期が始まる日。今日からまた毎日学校があるんだという、子どものころの気が重いゆううつな感じは大人になってもおぼえているものです。だからもしかしたら総理大臣も・・・9月病? いえいえ、まさか!

福田首相の突然の辞任表明にはびっくりです。去年は9月11日、今年は1日の、政界トップの自滅。おかげで数日前の某新党旗揚げとそれに伴うごたごた事件は後ろに遠のいてしまい、胸をなでおろしている人もありそうですが。

私個人は正直なところ、「美しい国をつくる」なんてことを政策の柱にする人より、「安心実現内閣」をいう人のほうが言うことはまともだし、「衆院で3分の2」を使ってイラク給油を再開したなどあったにせよ、タウンミーティングでっちあげまでして教育基本法改悪した人よりいい、と思っています。もちろん比較の問題ですが。

ご本人は「ねじれ」のせいで動きが取れなかったと嘆いていたけれど、それが民意だったのだから仕方ないことで、国民が「ねじれ」のために何か不都合があったわけではなく、経済状況の悪化で借金がかさんだことや病苦・生活苦のため、尊厳を踏みにじるような社会のしくみのせいでこの間、日本の人は苦しんできていたのです。

支持率があまりに低いのがなぜなのかわからないので、福田評を論じる資格が私にはありませんが、首相のポストの顔が替われば数字が上がる、来るべき選挙にも勝てると、もし周辺の人や連立を組む人たちが考えていたとしたら、それは違うんじゃないかあ・・・。

安倍氏のことをマリー・アントワネットにたとえた人がいました。福田氏のことをこれから誰かが適確に論評してくれるのを待とうと思いますが、私はあの総花的な「安心実現」をひとつでも形にして見せてくれてから辞めてもよかったと思うし、2回続いたサプライズ花火みたいなやり方は、諸外国に対する日本政府への信頼を失墜させることになったに違いありません。

写真 区役所のみどりのカーテン 裏側に入って涼しさを体感する