議員年金は地方も廃止!10.29院内集会開かれる

2010年10月30日 02時39分 | カテゴリー: 自治と議会とまちづくり

国の制度廃止に向け100人結集

10.29院内集会で司会を担当
10.29院内集会で司会を担当
地方議会議員年金制度が、財政破たんから逃れようのないことが明らかになって以来、制度を廃止しようとする国に対し各地方議会では抵抗する場面も見られてきましたが、ここへきて「廃止もやむをえない」という声が増えてきています。

先の27日には、民主党の制度検討プロジェクトが、議員年金制度に関して廃止を訴えている議員や意見書を提出している議会の議長などからの意見聴取を行い、その後国会の議論を経て11月中には国の方針が出されるもようです。

そのようななか、10年前から「議員年金廃止」を訴えてきた神奈川ネットワーク運動と東京・生活者ネットワークが中心となって市民や各地方議会議員に呼びかけ、国が「議員年金廃止」に向けて制度改革の駒を大きく進めるよう、10月29日、衆議院議員会館内で集会を開きました。私は司会を担当しました。

生活者ネットもこれまで議員年金廃止運動に取り組んできましたが(こちら)、活動を連携したり情報交換したりしてきた地方議員や市民など約100人が全国から集まり、「超特権的な制度は即刻廃止すべき」という熱い発言が相次ぎました。

神奈川ネットの「なくそう!議員年金実行委員会」委員長で相模原市議の岩本香苗さんによる趣旨説明につづいて、発言したのは、全国で初めて「議員年金廃止」の意見書を採択した徳島県小松島市議会で当時の議長だった出口憲二郎さん、東海3県の無党派市民・議員の会で意見書を提出した愛知県瀬戸市議の臼井淳(あつし)さん、若手議員の会147人で意見書を提出した新潟県加茂市議の大平一貴(おおだいら・かずたか)さん。

さらに、諸外国を含めた議員年金制度について幅広く研究されている立正大学大学院教授の渡部記安(わたなべ・のりやす)さん、「地方議会議員年金を廃止する市民と議員の会」を立ち上げた新宿区議の那須雅之さん、議員年金廃止の本を最近出版された神奈川県議の菅原直敏さん、そして埼玉県市民ネットワーク事務局長の村上愛子さん。

参加した国会議員の中から、参議院の大河原雅子さんが発言し、神奈川ネット代表で横浜市議の若林智子さん、東京・生活者ネット代表委員の山口文江さんが「莫大な公金投入はさせない。またこの動きを地方自治の確立や議員のあり方を議論するきっかけに」などと提案して散会しました。