子どもが夢と希望をあきらめなくていい都政に

2017年6月23日 09時00分 | カテゴリー: 活動報告

選挙戦初日の夕方、阿佐谷駅で街宣 岡崎ひろみ新社会党委員長から熱烈な応援を受ける

きょう623日、都議会議員選挙が告示され、72日までの選挙戦がスタートしました。 

豊洲市場の問題を通して、安全対策をないがしろにしてウソや隠ぺいを重ねた都行政の無責任体制や縦割り行政の弊害が露呈しました。都議会も、あれほどの不祥事を見抜けなかった責任は大であり、自らのチェック能力が問われています。 

しかし自民一強体制の下で形骸化した都議会のままでは、その役割を果たす力も意欲も発揮できません。 

一人ひとりが多様な存在であり主権者である都民。その多様な個性や生き方が尊重され、子どもが夢と希望をもって将来を選べる都政を築きたいと思います。 

二元代表制の一翼を担う都議会を正しく機能させ、生活者重視の東京に転換させなければなりません。そのため、2期目の都政に挑戦します。

9日間、この選挙カーが区内を走ります