カテゴリー別アーカイブ: 食と農業

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より⑤ ~戦略本部設置で結論さらに先延ばしか

2017年5月13日 13時16分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場の移転問題について、都知事の最初の方針・スケジュールでは、専門家会議とPTのふたつの会議体での評価・報告を受けて、知事が総合的に判断するとのことでした。しかしここで、その上さらに「市場のあり方戦略本部」が設置され … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より④ ~築地改修案の検討を見守りたい

2017年5月12日 07時38分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

過去の築地再整備案がとん挫した要因の2番目に挙げられたのは「互譲(ゆずりあい)の欠如」です。どういうことかというと、関係者の望む市場はどのようなものであるか、というコンセンサスづくりの努力が不足していたのではないかと思い … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より③ ~市場は実情に見合った規模に

2017年5月11日 08時59分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

3月29日の第7回PT会議では、築地整備がとん挫した原因について3つ、「過大な再整備規模」「業者間の互譲の欠如」「当時の未熟な建築技術」を挙げ、今日では克服できるという、小島専門委員の見解案が示されました。  2010年 … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より② ~都は科学への過信と都民への背信に向き合え

2017年5月10日 12時53分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

2年間のモニタリングによって、豊洲の環境対策が十分であったか、盛り土がなかったことによる影響をどのような対策でカバーできるかについて、専門家会議は検討しています。9回目のモニタリング調査で高い汚染値が出たことにより、評価 … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より① ~液状化対策は十分か

2017年5月9日 12時49分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

小池知事の下に設置された市場問題プロジェクト(PT)チームは、土壌汚染について、2年間のモニタリング調査を受けての評価を報告することになっています。専門家会議とは別の独立した見解を「セカンドオピニオン」としてまとめること … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

白紙撤回をふくむ見直しを ~2月14日の豊洲市場移転問特別委員会質疑より⑤

2017年3月2日 19時05分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

移転延期によって生じた損害の賠償請求にあたっては、希望者が申請書類を作成する際の支援も必要です。補償の手続きについて都に確認したところ、「2月6日から10日にかけて、市場内全事業者を対象に補償スキームや今後の手続等にかか … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

財政計画の立て直しを始めよ ~2月14日の豊洲市場移転問特別委員会質疑より④

2017年2月27日 22時47分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場の建設コストは築地の売却益で大半は賄える、というのがこれまでの説明ですが、移転の延期により財政計画を大幅に見直す必要が生じています。現時点ではまだ何も確定していませんが、これからどうなるにせよ、いくつかの取り得る … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

市場方針は見直しが必要だった ~2月14日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より③

2017年2月24日 13時55分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場の建物は容量が大きいため光熱費がかさみ、その上コールドチェーンの構築などにより、エネルギーに関する費用が他の市場より高額です。 パリ協定以来、世界の省エネ・断熱仕様の技術は、性能向上の取り組みが進んでいます。パリ … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

疑問残る 豊洲の財政負担 ~2月14日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より②

2017年2月23日 19時23分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

1月25日のPT会議では、中央卸売市場の事業継続性に関連して、減価償却費を除いた試算は現実的でない、という趣旨の指摘がありました。ところが都は「試算の結果は市場の事業を継続していける」と、強弁ともとれる見解を示しました。 … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

なぜ過大な施設を造ったのか ~2月14日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より①

2017年2月22日 10時30分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

市場問題プロジェクト(PT)チームに課せられているのは、「土壌汚染、施設及び事業に関する事項」についてのセカンドオピニオンとされています。 セカンドオピニオンとは、主治医の最初の診断に対する意見やアドバイスではなく、他の … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

豊洲はあきらめるしかない ~1月31日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より④

2017年2月20日 17時28分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

第8回の調査結果で環境基準を若干上回る数値が出たとき、専門家会議の座長は、濃度が変動しながらだんだん数値が下がっていくと予測を述べました。であれば、長期にわたって数値の変動、変化の傾向を見る必要があります。 都は、29カ … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

「暫定値」とは何か ~1月31日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より③

2017年2月18日 01時09分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

専門家会議は、9回目の地下水モニタリング調査で、急に跳ね上がった数値を「暫定値」なる仮の値としました。暫定値とはそもそも何か、辞書によれば「正式な値ではなく、一時的な目安などとして、臨時に設定された値」とあります。 しか … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

基準超過の数値は汚染の証拠では ~1月31日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より②

2017年2月13日 14時04分 | カテゴリー: 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

地下水モニタリング調査の8回目と9回目に検出された汚染物質は、専門家会議が提言した環境対策が約束通りに施され土壌も地下水も浄化されていれば、出るはずのないものでした。 盛り土といい、地下水管理といい、対策上の約束が守れな … 続きを読む →

カテゴリー: 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

約束反故の移転事業はアウトだ ~1月31日の豊洲市場移転問題特別委員会の質疑より①

2017年2月3日 00時20分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場の工事終了後、2年間継続して行うことになっていた地下水モニタリング調査。その最後となるはずだった9回目で、環境基準の79倍という高い濃度のベンゼンが検出され、ほかにも猛毒のシアン、ヒ素などが検出されたことが1月1 … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

豊洲移転「白紙撤回ふくむ抜本的見直しを」知事に要望

2017年1月17日 10時44分 | カテゴリー: 仕事と産業, 消費者, 食と農業

東京都は豊洲市場土壌汚染対策工事の完了から2年間、敷地内201カ所で地下水モニタリング調査を実施していますが、その最後の調査で基準値を超える有害物質が72か所から検出されました。1月14日の専門家会議で報告されるや、市場 … 続きを読む →

カテゴリー: 仕事と産業, 消費者, 食と農業 |

市場はノンフロン化にも取り組んでほしい ~12月27日の豊洲市場特別委員会の質疑より

2016年12月30日 22時55分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

12月21日に開催された第4回市場問題プロジェクトチーム(PT)会議では、豊洲のコールドチェーンとHACCPの在り方について議論が行われました。いずれも食の安全を追及する市場にとって重要な要素であり、生活者ネットとしても … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

「盛り土なし」「地下水管理不調」それでも土壌は安全と言えるのか ~12月2日の豊洲市場特別委員会の質疑より

2016年12月21日 17時52分 | カテゴリー: 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場移転問題特別委員会が12月2日に開かれ質疑を行いました。 豊洲の汚染された土壌については、専門家会議の提案した「盛り土」「地下水管理」の対策を施すことで安全が確保されるはずでした。ところが、盛り土がないばかりか、 … 続きを読む →

カテゴリー: 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

泥沼化する豊洲市場問題 食の安全・安心はどこに

2016年10月3日 18時52分 | カテゴリー: 消費者, 環境, 食と農業

小池百合子知事が就任して最初の都議会定例会が9月28日、始まりました。知事は所信表明の中で、豊洲市場に関する一連の問題やオリンピック経費の問題をとおして都政改革に取り組む姿勢をアピールし、メディアの注目が集まっています。 … 続きを読む →

カテゴリー: 消費者, 環境, 食と農業 |

豊洲市場の「盛り土」問題が暴いた 安全対策のウソと失墜した信頼

2016年9月16日 01時56分 | カテゴリー: 環境, 食と農業

小池百合子都知事が8月末に築地から豊洲への市場移転時期の延期を宣言し、都がそれに伴う影響への対応に追われていた矢先、豊洲の驚くべき事実が明るみに出ました。都政はいま激震に揺れています。 もともと東京ガスの工場跡地だったこ … 続きを読む →

カテゴリー: 環境, 食と農業 |

公営企業会計決算委員会の質疑より8 ~卸売市場の環境・衛生、食の安全・安心

2015年12月3日 22時04分 | カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 食と農業

  中央卸売市場で2014年度に発生した廃棄物の総量は約4万トン。内訳は、輸送中の荷傷みや商品の小分け、加工等によって発生する野菜くずや魚のあらなどの一般廃棄物が約7割、輸送に使われた木製パレットや使用済みの発 … 続きを読む →

カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 食と農業 |