参議院選挙戦はじまる

2007年7月12日 11時01分 | カテゴリー: 自治と議会とまちづくり

この選挙は与野党逆転のチャンス

参議院の選挙が与党の身勝手な論理で当初の予想から1週間のびたためにいろいろ不都合が起きていますが、投票率への影響が一番心配です。夏休みに入ってすぐの22日と1週間後の29日とでは差が出てしまうのではないか。

もしそうだとしたら、与野党が逆転するかもしれない選挙だというのになんともったいないことでしょう。安倍政権にNO!を突きつけるチャンスだというのに。

この選挙で私たちは、自民・公明体制を後退させるのはもちろん、国会に女性議員を増やすためにも、東京選挙区で大河原まさこさんを応援しています。大河原さんは2年前まで世田谷選出の生活者ネットワーク都議だった人です。

東京都で食の安全確保のしくみを定める条例がようやくできることになり議会審議にかけられたとき、その委員会の傍聴に行ったことがあります。3年前の当時大河原まさこさんが当該の委員で、食の安全に「子ども基準」を設けることを提案していて、重要な指摘だったのに実現せず残念でなりませんでした。

最近ミートホープという食肉加工会社によるとんでもない偽装・不正の数々が明るみに出て、再び食の問題がクローズアップされているのは、食の安全確保システムにまだ不備があるか機能していないから、というよりその両方でしょう。

私に言わせれば、システムの根幹をつくる場に「生活者の眼」をもった人がいないからです。子どもや消費者、地域にくらす人の基準でルールを作らないから、閣僚が事務所費とやらで税の使い方を公私混同してもOKになるような法ができることにもなってしまうのです。

年金が最大の争点とされることには異議があります。だって選挙があってもなくても、不明を突き止めて払った人に間違いなく支給するのは当たり前のことだと思うから。選択の余地がなく大前提とすべきものに眼を奪われていると、平和や憲法、教育、人権などの政策を見落としてしまうのが怖いと思うのです。

とにかく。今回は絶対に棄権してはいけない選挙です。