メッセージ

区議10年、都議4年間を経て杉並・生活者ネットワーク事務局長として活動し、2021年7月に行われる都議会議員選挙に立候補の準備をしています。コロナ禍で人と人が分断される状況であっても「ひとりにしない」都政、「生活が息づくまち」東京をめざして2期目の議席獲得に挑戦します。

お知らせ

小松久子 都政で実現したいこと

私がこの都議会議員選挙にあたって一番訴えたいことの一つが、ジェンダー主流化へということです。


ジェンダー主流化というのはあまり耳慣れない言葉かもしれませんけれども、
あらゆる施策あらゆる分野の取り組みを、全ての面においてジェンダーの視点で、もう一度見直して
計画、条例、法律、それから予算に至るまで中立化を図ろうという、そういうことを言っています。
何も女性を全ての上で優位に立たせようと、そういう事言っているのではありません。
生活者ネットワークはもう40年前からとにかく議会の半数を女性にしようということで、女性の議員を送り出し続けてきました。
40年も頑張っているんですけれども、未だに日本では組織のトップが女性蔑視発言を平気でしたり、
ジェンダーギャップ度は世界の中で日本は最低レベルをずっと低迷してるような状況です。
とにかくジェンダーの視点であらゆる取り組みを見直すということで、見え方が全然違ってくると思います。
私はそしてジェンダーを見直すということは、この多様性を尊重するこの民意は多様だし、この東京都は多様な人達で出来ているんだという、
そのことが反映されるような議会でなければならないと思っていて、
いつもこのレインボーのリボンを私がいつも襟につけることにしているんです。
LGBTQの人たちへの支援者を表すシンボルとして使われているレインボー
私は自分でリボンの形にして洋服を着替える度につけているんですが、


これが全ての人種も超えて性差も超え年齢も超え、あらゆる国籍も超え、
多様な人たち多国籍の人たちが一緒に住む東京を、
みんなで作っていけたらなという風に思っています。

動画でわかる!小松久子

活動報告

活動報告
2021都議選 残念な結果に終わりました

7月4日、都議会議員選挙の投開票が行われ、小松久子は16,417票をいただきましたが7位、当選には一歩及びませんでした。 地域政党としての活動の実績と、コロナ禍の先の都政の課題にどう取り組むのか、訴えてきましたが力不足で […]

もっと読む
子どもと人権
子どもを応援する都政に

コロナ禍は子どもの生活にも大変な影響を与えています。去年の子どもの自殺者数はほぼ500人、過去最高となりました。児童相談所が対応する虐待件数も増加しています。 去年、突然一斉休校となり、いきなり学びの機会が奪われてしまい […]

もっと読む
みんなの健康と福祉
シニア世代の声を届けたい

コロナ禍に見舞われた昨年以降、国政も都政もコロナの対応に振り回されている状況ですが、都政の課題はコロナだけではありません。たとえば、高齢化する東京。 都内に住む65歳以上の人は現在310万人で、そのうち80歳以上の人は1 […]

もっと読む
活動報告
選挙公報(小松様)のサムネイル
都議会議員候補 小松久子 選挙公報

もっと読む
活動報告
法定ビラ2021都議選表_のサムネイル
東京・生活者ネットワーク 都議会議員選挙 政治活動ビラ1号

もっと読む
活動報告
法定ビラ_小松A4表のサムネイル
小松久子 都議会議員選挙ビラ

   

もっと読む
自治と議会とまちづくり
都議会議員選挙 期日前投票が始まっています

都議会議員選挙の期日前投票が始まっています。 杉並区の皆さん、「小松久子」と書いて投票してください。 小松久子へのみなさまのご支援、よろしくお願いします。   期日前投票の詳細については杉並区のホームページでご […]

もっと読む
水とみどりと外環自動車道
【外環】環境と暮らしを壊す道路はいらない

関越自動車道と東名高速を結ぶ約16㎞の外環道。大深度地下トンネル道路として掘削工事を始め、調布市まで進んだところで、昨年10月、真上の道路に特大の穴が生じる陥没事故が発生。以前から沿線上の家屋にもひびや損壊などの被害、河 […]

もっと読む
女性・ジェンダー
時代はジェンダー主流化へ!

2021都議選に向けて、私が特に訴えたいことのひとつは「ジェンダー主流化」ということです。ジェンダー主流化というのは、行政の取組みのあらゆる分野で、法律、制度、計画、予算配分などをジェンダー平等の視点で見直そう、すなわち […]

もっと読む
MENU