全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会が発足、と同時に「支える会」も

2013年3月25日 23時59分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー

記者会見の会場で 左から前田せつ子国立市議、そね文子と。3/25永田町星陵会館

杉並区での曽根文子の区議会質問をきっかけに、反響がじわじわと、日々拡がりつづけている子宮頸がんワクチンの副反応問題。この問題に去年から取り組んでいる日野市議の池田利恵さんのもとには全国から被害の相談が舞い込むと聞いていましたが、今回、そういう人たちがつながろう、と被害者連絡会が設立されることになりました。 

そして被害がこんなにあることを大手メディアに知ってもらい報道してもらおう、と記者会見が3月25日、永田町の星陵会館で開かれました。 

被害者連絡会の発足と同時に、被害者を支える会も立ち上げることにし、私をふくめ「生活者ネット・みどりの未来」の5人とも支える会に賛同人として加わっています。自治体議員や市民にも呼びかけているので、今後その数は増えていくことになります。 

設立の記者会見では、杉並の被害者のお母さまが実名を公表し、被害者連絡会の代表に就くことを表明されました。思えばその人、松藤美香さんが杉並・生活者ネットワークの事務所に電話をくださったことが、そもそものきっかけでした。 

去年の曽根の議会質問で答弁が事実と違う、と知らせてくださらなければ、杉並区内に重症の副反応被害者がいると私たちが知ることはなかったし、区が虚偽の答弁をしていたなど知る由もありませんでした。さらに、松藤さんのお嬢さん以外にも、重い副反応をおこしている少女が全国にいることも。 

記者会見ではほかにも、匿名で顔も隠していたものの4人の被害者家族の方たちがみえて、中高生の少女たちがワクチン接種を機にたいへんな症状に陥っていることを訴えました。その症状とは、注射してから1週間後に足首が突然痛くなり、次に別の脚の膝から下が痛くなり、その後全く別の箇所に同じ痛みが「飛ぶ」、といいます。痛みが、「飛ぶ」…。そして歩行困難。記憶障がい。計算障がい。 

ある人は病院を7か所回り血液検査も7回受けた、でも問題なしとされ「心の病気」といわれる。病気とされないから医者も治しようがない、本人は激しい痛みに襲われ続けているのに。 

「娘の身体を治してあげたい。娘の身体におきている真実を知りたい」という言葉が切ない。「定期接種化するなら副反応が増えるということ。国と製薬会社には娘の身体を元に戻して」という言葉を、ぜひ国と、製薬会社に突き付けたいものです。