カテゴリー別アーカイブ: 地球温暖化と省エネ

市場はノンフロン化にも取り組んでほしい ~12月27日の豊洲市場特別委員会の質疑より

2016年12月30日 22時55分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

12月21日に開催された第4回市場問題プロジェクトチーム(PT)会議では、豊洲のコールドチェーンとHACCPの在り方について議論が行われました。いずれも食の安全を追及する市場にとって重要な要素であり、生活者ネットとしても … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業 |

2015年第4回定例会一般質問より4 ~電力自由化は再エネ推進のチャンス 

2015年12月29日 19時27分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 消費者, 自治と議会とまちづくり

  都環境審議会が策定中の環境基本計画で、エネルギー消費量を2000年比で2030年までに38%程度削減する新たな目標をかかげ、再生可能エネルギーの導入拡大が示唆されました。  都民の多くは、電力の大消費地であ … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 消費者, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より12 ~水源井戸と多摩川上流域の水源林が促す水循環

2015年12月9日 22時57分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 水とみどりと外環自動車道, 環境, 自治と議会とまちづくり

生活者ネットワークは、かねてより、多摩地域の地下水を保全し活用することで健全な水循環を促す活動に、市民とともに取り組んできました。  多摩地域では地下水を飲用として汲み上げるための井戸が使われています。水質を適切に保持し … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 水とみどりと外環自動車道, 環境, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より8 ~卸売市場の環境・衛生、食の安全・安心

2015年12月3日 22時04分 | カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 食と農業

  中央卸売市場で2014年度に発生した廃棄物の総量は約4万トン。内訳は、輸送中の荷傷みや商品の小分け、加工等によって発生する野菜くずや魚のあらなどの一般廃棄物が約7割、輸送に使われた木製パレットや使用済みの発 … 続きを読む →

カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 消費者, 環境, 食と農業 |

公営企業会計決算委員会の質疑より5 ~臨海副都心を自転車走行しやすく

2015年11月30日 21時24分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 水とみどりと外環自動車道, 自治と議会とまちづくり

  昨年度公表された「東京都長期ビジョン」において、自転車走行空間の整備を推進することが位置づけられ、臨海部においても、自転車走行空間の整備に取り組むとされています。その方針について質問しました。  「臨海地区 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 水とみどりと外環自動車道, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より4 ~「風の道」を確保した臨海部のまちづくりを

2015年11月29日 11時19分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり

東京都江東区と中央区に位置する豊洲・晴海地区のまちづくりの方向性について、都港湾局は関係者のコンセンサスを取りまとめ豊洲・晴海開発整備計画を策定しています。 都心と臨海副都心の中間に位置する立地の特性から、職住近接の都市 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり |

ガソリン蒸発ガスのPM2.5対策 ORVR車への転換を~2/27都議会の一般質問より④

2015年3月7日 12時46分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり

国が先日、PM2.5の排出抑制策のあり方について中間まとめを公表しました。その中で、自動車からの蒸発ガスであるガソリンベーパーについて対策を検討すべきとしています。揮発性有機化合物(VOC)の都内総排出量の14%が自動車 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり |

御嶽山噴火の教訓「火の国に原発をつくってはいけない」

2014年10月2日 00時26分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 環境

長野県と岐阜県にまたがってそびえる御嶽山が9月27日、とつぜん大噴火をおこし、戦後最悪の惨事になりました。再噴火や有毒ガス発生による2次災害のおそれがあるため捜索が思うように進まず、10月1日現在、まだ被害の全容が明らか … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 環境 |

「市民と行政の協議会」その2 「再生エネ20%・省エネ20%」に向け市民提案

2014年8月1日 23時07分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 自治と議会とまちづくり

  7月2日の「第17回 市民と行政の協議会」。都庁側から環境局と産業労働局の担当者、市民側からの提案者として6団体の代表が参加しました。  環境政策課より都の取組みについてプレゼンの後、各団体が活動内容を発表 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 自治と議会とまちづくり |

「市民と行政の協議会」その1 「再エネ20%省エネ20%」は経済活性化策でもある

2014年7月31日 11時34分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー

7月2日、「エネルギー」をテーマに第17回「市民と行政の協議会」が都庁で開催されました。いま政策的な転換点にあるテーマだっただけに、130人もの参加者が集まりました。  「市民と行政の協議会」は、都議会議員がコーディネー … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー |

「恥さらし」エネルギー基本計画が多くの人を呼び寄せた 「脱原発フォーラム」

2014年4月14日 01時28分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 憲法・平和・社会, 核・放射能・エネルギー, 環境, 自治と議会とまちづくり

4月13日、「脱原発社会の創造 ――いま、市民として取組むべきこと」と題する集会が開かれ(こちら)ました。朝10時から昼休みをはさんで夕方5:30までという、ワーグナーのオペラも負けるほどの長大なプログラムでしたが800 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 憲法・平和・社会, 核・放射能・エネルギー, 環境, 自治と議会とまちづくり |

「リニア新幹線」が原発稼働の理由にされてはたまらない

2014年3月2日 01時00分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 水とみどりと外環自動車道

  ことし都内某私立中学の社会の入試に次のような問題が出たそうです。  2013年9月7日、2020年の第32回オリンピックが再び東京で開催されることが決まりました。東京都心の道路や鉄道などの交通網をさらに整備 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 水とみどりと外環自動車道 |

教育長「体罰と無縁めざす」と ~区議会の代表質問より④~

2013年4月3日 01時01分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

1月の区主催「水鳥の棲む水辺づくり」フォーラムで発表された、井荻小学校の子どもたちの環境活動。校内を流れる善福寺川について学んだことで清掃活動を始め、やがて川の周辺から善福寺公園までを活動領域に広げたこと、その活動から大 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

久留米市の施策に学んだのは ~都市環境委員会の視察より①~

2012年11月3日 13時16分 | カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 自治と議会とまちづくり

10月31日から11月2日まで、福岡県久留米市と山口県下関・萩市に行ってきました。都市環境委員会の行政視察です。  久留米は世界のトップ企業、ブリジストンが創業した土地だそうです。JR駅前広場で目を引く巨大なタイヤのオブ … 続きを読む →

カテゴリー: ごみとリサイクル, 地球温暖化と省エネ, 自治と議会とまちづくり |

環境教育をESDとしてとらえるモデル校の設置を

2012年9月9日 07時02分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題

9月議会の一般質問より② 杉並区版エコスクール事業は、環境教育に重きを置くことに価値があると思います。けれども環境教育が学校施設の改築・改修や省エネ行動と有機的につながってきたとは必ずしもいえません。 2年前の一般質問で … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

「杉並区版エコスクール」はハードとソフト、環境教育の3つの柱

2012年9月7日 21時31分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題

9月議会の一般質問より①  かつて杉並区の学校施設における環境施策は、山田前区長の「教室にクーラーは設置しない」という政策を前提として進められてきました。2006年「風とみどりの施設づくり」、翌年には学識経験者や建築家、 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

環境教育教員セミナーで「原発」ワークショップに参加する

2012年8月18日 03時20分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 核・放射能・エネルギー, 環境

~先生が授業で原発を扱う難しさ~ 環境教育学会という機関があるのを知りませんでしたが、ここが主催する教員対象のセミナーで興味深い話が聴けそうだったので8月10日、参加してみました。 ひとつはESDすなわち「持続可能な社会 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 核・放射能・エネルギー, 環境 |

杉並の「新しい公共支援事業」提案、採択される

2011年10月3日 00時51分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり

決算特別委員会の質疑より ①  10月になってもまだ花をつけるアサガオ 決算特別委員会の最中の9月30日、関昌央議員が急死されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。 さて、6月の一般質問で質疑した「新しい公共支援事業」 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ, 環境, 自治と議会とまちづくり |

太陽光発電所長の会「CELC」10年目の総会

2011年5月29日 23時04分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ

「原子力から太陽光へ」依存先を置き替えるだけでいいのか 東京・神奈川圏内の太陽光発電設置者の会「クリーンエネルギー・ライフクラブ=CELC」が2001年に設立され、今年はちょうど10年になります。私はこの会の前身「クリー … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ |

区役所を365日真っ暗にしても達成できない都条例

2010年10月20日 23時39分 | カテゴリー: 地球温暖化と省エネ

決算特別委員会の議論より② 杉並区は、2001年に取得した国際的環境マネジメントシステム「ISO14001」の取組みを09年秋に廃止しています。その理由は「東京都の環境確保条例改正版の施行が2010年4月から始まるため」 … 続きを読む →

カテゴリー: 地球温暖化と省エネ |