活動報告

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より⑤ ~戦略本部設置で結論さらに先延ばしか

2017年5月13日 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

豊洲市場の移転問題について、都知事の最初の方針・スケジュールでは、専門家会議とPTのふたつの会議体での評価・報告を受けて、知事が総合的に判断するとのことでした。しかしここで、その上さらに「市場のあり方戦略本部」が設置され … 続きを読む →

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より④ ~築地改修案の検討を見守りたい

2017年5月12日 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

過去の築地再整備案がとん挫した要因の2番目に挙げられたのは「互譲(ゆずりあい)の欠如」です。どういうことかというと、関係者の望む市場はどのようなものであるか、というコンセンサスづくりの努力が不足していたのではないかと思い … 続きを読む →

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より③ ~市場は実情に見合った規模に

2017年5月11日 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

3月29日の第7回PT会議では、築地整備がとん挫した原因について3つ、「過大な再整備規模」「業者間の互譲の欠如」「当時の未熟な建築技術」を挙げ、今日では克服できるという、小島専門委員の見解案が示されました。  2010年 … 続きを読む →

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より② ~都は科学への過信と都民への背信に向き合え

2017年5月10日 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

2年間のモニタリングによって、豊洲の環境対策が十分であったか、盛り土がなかったことによる影響をどのような対策でカバーできるかについて、専門家会議は検討しています。9回目のモニタリング調査で高い汚染値が出たことにより、評価 … 続きを読む →

4月18日の豊洲問題特別委員会の質疑より① ~液状化対策は十分か

2017年5月9日 | カテゴリー: 消費者, 環境, 自治と議会とまちづくり, 食と農業

小池知事の下に設置された市場問題プロジェクト(PT)チームは、土壌汚染について、2年間のモニタリング調査を受けての評価を報告することになっています。専門家会議とは別の独立した見解を「セカンドオピニオン」としてまとめること … 続きを読む →