カテゴリー別アーカイブ: みんなの健康と福祉

公営企業会計決算委員会の質疑より14 ~子どもの精神科への理解を広げるために

2015年12月12日 09時50分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり

子どもの精神疾患への理解が広がれば、精神病全般に対する差別や偏見をなくしていくことにつながります。小児総合医療センターの地域医療機関などへの啓発の取り組みを継続していくことが期待されます。  子どもの病気の中でも特にここ … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より13 ~小児総合医療センター 子ども精神科の取組について

2015年12月11日 21時12分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり

発達障がいや、過食症・拒食症など摂食障がいの症状をおこす子どもが増えていますが、子ども専門の精神医療機関は多くありません。東京都小児総合医療センターでは、幼児期から思春期までの子どもを対象とした「こころ」の疾患とそれに伴 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より3 ~都営交通の安全対策、乗務員の健康管理も

2015年11月27日 16時11分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 仕事と産業, 自治と議会とまちづくり

都営交通の安全対策について交通局に質問しました。  公共交通事業者である交通局では、経営方針の中で安全の確保を最優先の使命としています。運輸安全マネジメント制度に基づいて安全管理規定および安全方針を定め、統括管理者を選任 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 仕事と産業, 自治と議会とまちづくり |

「生活保護制度は初恋の人」という感性に目からウロコ

2015年5月18日 00時44分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)が開催するアドボカシーカフェ、5月13日の回は「生活保護 バッシングに抗して活用策を考える」。弁護士で生活保護問題対策全国会議代表幹事の尾藤廣喜さん(写真:左から2人目)をゲストに、 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会 |

都立文化施設を障がい者にやさしい場に ~3月の文教委員会の予算審議より②

2015年3月29日 18時05分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり

  都は、策定中の東京文化ビジョンの素案で、文化戦略のひとつに「あらゆる人が芸術文化を享受できる社会基盤を構築」と掲げ、文化施設における障がい者への配慮について言及しています。 障がい者の芸術鑑賞を促すことは、 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり |

『アムール(愛)』というタイトルの高齢者介護映画

2015年1月4日 21時09分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

岩波新書の天野正子著『〈老いがい〉の時代』は、映画を通して「老い」を考え、目からウロコの示唆に富む論点がちりばめられ、興味深く読みました。M.ハネケ監督の『愛、アムール』もまた「老い」の一面を描き、「介護」の現実をつきつ … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

「病院内学級」 入院中の子どもの学習の機会~11/20文教委員会の質疑より②

2014年12月1日 11時54分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 自治と議会とまちづくり

  東京都は、病院で闘病生活をしている子どものための学級を設置しています。「肢体不自由特別支援学校の分教室」という位置づけです。  先日、国立がん研究センター中央病院の中に開設されている、都立墨東特別支援学校の … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 自治と議会とまちづくり |

カウンセラーを必要としている先生たち~文教委員会の質疑より①

2014年11月27日 17時51分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 自治と議会とまちづくり

東京都のスクールカウンセラー(SC)活用事業は、いじめや暴力行為など、児童・生徒の問題行動等の未然防止や解決に資することを主たる目的としておもに臨床心理士があてられ、配置拡大が進められています。しかしSCを必要としている … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題, 自治と議会とまちづくり |

大人社会の偏見がホームレスを襲う~決算特別委員会の質疑より⑫

2014年11月24日 12時04分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり

路上や公園で野宿している人、「ホームレス」が突然、見知らぬ何者かに襲撃される――。1995年以降、都内に限っても10人の人が襲撃によって亡くなりました。   ホームレス支援をしている市民団体の調査によれば、都内約350人 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり |

「見えないホームレス」にも総合的な支援を~決算特別委員会の質疑より⑪

2014年11月22日 18時06分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり

  いわゆるホームレスに対し東京都は、健康で安定した生活と自立を支援するため、2000年度から特別区と協定を締結して共同事業を実施しています。  23区を5つのブロックに分け、当初は、おもに心身の健康回復のため … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり |

天野正子著『〈老いがい〉の時代』、政治的につくられた「老い」のイメージを疑う

2014年8月27日 22時56分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ

高齢のかたと話していると、個性的な一人ひとりの個別的な問題を「高齢者問題」と丸めてとらえることは違うのでは、という思いが募ってきます。そのことを、ジェンダー問題の専門家で社会学者の天野正子さんも新著でくり返し述べています … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ |

市民ネットワーク全国交流バスツアー 千葉の福祉力に励まされた

2014年8月5日 18時52分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 自治と議会とまちづくり

生活者ネットワークと共通の理念のもとに活動するローカルパーティー(地域政党)は、東京のほかに北海道から九州まで、全国で現在9団体あり、全国市民政治ネットワークとして情報交換や活動の協力・共有を行っています。  2年に1回 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 自治と議会とまちづくり |

券売機の障がい者割引ボタンと「おもてなしトイレ」~都議会一般質問より②

2014年7月22日 23時50分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 自治と議会とまちづくり

  今年、日本は障がい者権利条約を批准し、障がい者のさらなる社会参加が期待されています。 ところが、夫が車いす生活になった女性から、電車の券売機について抗議の訴えがありました。  障がい者が介護者同伴で公共交通 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 自治と議会とまちづくり |

子宮頸がんワクチン副反応はもはや薬害問題だ

2014年6月16日 14時46分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権

人を健康にするためにこそあるべき薬が、巨額のビジネスマネーを動かす「金の卵」として、女の子たちの健康をふみにじり、家族も巻き込んで苦しみを背負わせる原因となっています。子宮頸がんワクチンの副反応問題は、いまや薬害問題であ … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権 |

なぜ防げないか子どものネグレクト死 大阪事件と厚木事件

2014年6月10日 00時50分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ

神奈川県厚木市で男の子の白骨死体が見つかった事件の衝撃は、2010年に大阪で母親が幼い姉弟の2児を放置し餓死させてしまった事件を思い出させます。いずれも親の養育放棄が子どもを殺してしまった、2つの事件はよく似ています。  … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ |

子宮頸がん予防はワクチン接種より前に性感染症の学びを

2014年3月24日 14時25分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

都議会文教委員会予算審査の質疑より②    子宮頸がんという病気はほとんど性行為によるウイルス感染が原因です。従って、予防ワクチンの接種は性交渉を経験する前に受けなければ意味がないことになります。法定化された子 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

子宮頸がんワクチンの副反応被害を受けた中高生の学ぶ権利と試験のこと

2014年3月22日 23時02分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

都議会文教委員会予算審査の質疑より①   子宮頸がんワクチン接種の副反応と思われる健康被害により、女子中高生が学校に通学できないケースが生じている問題について、3月18・19日の文教委員会で都の見解を問いました … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

「リニア新幹線」が原発稼働の理由にされてはたまらない

2014年3月2日 01時00分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 水とみどりと外環自動車道

  ことし都内某私立中学の社会の入試に次のような問題が出たそうです。  2013年9月7日、2020年の第32回オリンピックが再び東京で開催されることが決まりました。東京都心の道路や鉄道などの交通網をさらに整備 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 地球温暖化と省エネ, 核・放射能・エネルギー, 水とみどりと外環自動車道 |

七生養護学校裁判の判決を遵守させる陳情、文教委員会で不採択に

2014年2月24日 00時36分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

2月21日に開かれた都議会文教委員会で、都立七生養護学校(当時)の性教育をめぐって争われていた裁判に関する陳情の審査が行われました。  陳情の内容は、昨年11月28日に確定した判決を受けて、原告側の元教諭たちが事件当時の … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

子宮頸がんワクチン副反応について 検討部会の結論に対する緊急声明

2014年1月22日 23時46分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー

2014年1月20日に開かれた厚労省の予防接種・ワクチン副反応部会での結論に対し21日、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会は次のような緊急声明を発表し、各関係機関に送付しました。全文貼り付けます。   2014 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー |