カテゴリー別アーカイブ: 映画・オペラ・おたのしみ

アウシュヴィッツを訪れて 〜その2

2016年8月24日 06時27分 | カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

施設群を実際に見てわかったのは、史上最悪の殺戮が決して「人の狂気」によるのではなく、むしろ知識の粋を集め経験の蓄積を生かして技術を開発し、効率的に目的遂行するためのあらゆる人智が結集されてできた高度の「システム」だったと … 続きを読む →

カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

アウシュヴィッツを訪れて 〜その1

2016年8月22日 11時30分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

ザルツブルクを一時離れ、思い切ってアウシュヴィッツを訪れました。ナチスのホロコーストの舞台となった「死の工場」です。首都ワルシャワの南に約250キロ、古都クラクフから車で1時間半ほどの位置にアウシュヴィッツ強制収容所はあ … 続きを読む →

カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

観光都市の安全を考える

2016年8月16日 16時09分 | カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

夏の休暇でザルツブルク音楽祭に来ています。1年ぶりのザルツブルクでいくつか気がついたことがあります。 コンサート会場やオペラハウスが集中する劇場街に警官が増えたこと。警備要員なのか、ヨーロッパ各地でのテロ頻発を警戒しての … 続きを読む →

カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

オペラ界の鬼才が『フィデリオ』に込めた政治的メッセージ

2015年8月19日 09時55分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

オペラの舞台化にあたって、演出家が原作の設定を時間的・空間的に置き換えることは珍しくありません。原作に新たな魅力を発見する場合もあればイメージダウンとなることもあります。ザルツブルク音楽祭での『フィデリオ』では忍耐を強い … 続きを読む →

カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

ギリシャを見ればわかる オリンピックの経済メリットはない

2015年8月15日 18時20分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり

夏の休暇で3日間ギリシャに行ってきました。観光が目的ですが、経済破綻したギリシャのことをこの機会に実際に見てみたい気もちもありました。EUの求める緊縮策に反対する市民のデモが過熱化したと報道されましたが、その後暴動が頻発 … 続きを読む →

カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり |

「沖縄」に向き合う映画2本のこと 『戦場ぬ止み』と『うりずんの雨』

2015年8月10日 14時46分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 環境

安保法案について考える機会が増えるにつれ、「沖縄」のことに関心が傾いていきました。沖縄視察の企画が具体化したこともあり、「沖縄」に向き合ったドキュメンタリー映画を続けて2本みました。  『戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ) … 続きを読む →

カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 環境 |

孤独死によりそう英国役人の静かな人生 「おみおくりの作法」

2015年5月10日 13時04分 | カテゴリー: 仕事と産業, 映画・オペラ・おたのしみ

統一地方選挙が終わり連休中に見た映画のひとつが、英国の「おみおくりの作法」です。日本の民生委員にあたるような役人が孤独死の人の葬儀を執り行うお話。孤独死が日本だけのことでないのは、個人主義の歴史の長さでは日本の比でない英 … 続きを読む →

カテゴリー: 仕事と産業, 映画・オペラ・おたのしみ |

都立文化施設を障がい者にやさしい場に ~3月の文教委員会の予算審議より②

2015年3月29日 18時05分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり

  都は、策定中の東京文化ビジョンの素案で、文化戦略のひとつに「あらゆる人が芸術文化を享受できる社会基盤を構築」と掲げ、文化施設における障がい者への配慮について言及しています。 障がい者の芸術鑑賞を促すことは、 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ, 自治と議会とまちづくり |

女性が輝く社会に必要なこと、たとえば音楽史をジェンダーの視点で読み直す

2015年1月16日 10時20分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

国立音楽大学名誉教授の小林緑さんは、歴史に埋もれた女性作曲家たちの存在を掘り起し、その作品の芸術的・歴史的価値はもちろん、女性の自立や尊厳ということにまで光を当てた研究者です。音楽史をジェンダーの視点で読み直した研究は貴 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

『悪童日記』 戦争の時代を生き抜く子どもの無垢と非情

2015年1月9日 11時25分 | カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

アゴタ・クリストフの『悪童日記』を読んだときの衝撃は強烈でした。ハンガリー女性が亡命先の言語すなわちフランス語で書いた小説は、原題「大きな帳面」が示すとおり、双子の兄弟が書き記す日記がそのすべてです。「ぼくら」を主語とし … 続きを読む →

カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

『アムール(愛)』というタイトルの高齢者介護映画

2015年1月4日 21時09分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

岩波新書の天野正子著『〈老いがい〉の時代』は、映画を通して「老い」を考え、目からウロコの示唆に富む論点がちりばめられ、興味深く読みました。M.ハネケ監督の『愛、アムール』もまた「老い」の一面を描き、「介護」の現実をつきつ … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

都響と都美術館に親しむ~芸術に公的支援が必要なわけ

2014年9月26日 05時33分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題

芸術の秋。東京都交響楽団のコンサートと都美術館の企画展に行ってきました。  都響は、東京都の助成金を得て運営される1965年設立の公益財団法人です。音楽的実績も実力も、都内といわず日本国内で有数のレベルと言ってよいと思い … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

天野正子著『〈老いがい〉の時代』、政治的につくられた「老い」のイメージを疑う

2014年8月27日 22時56分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ

高齢のかたと話していると、個性的な一人ひとりの個別的な問題を「高齢者問題」と丸めてとらえることは違うのでは、という思いが募ってきます。そのことを、ジェンダー問題の専門家で社会学者の天野正子さんも新著でくり返し述べています … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 映画・オペラ・おたのしみ |

弁護士と子どもたちがつくる「もがれた翼」、演劇のちから

2014年8月25日 14時43分 | カテゴリー: 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ

8月23日 (土)、東京弁護士会の弁護士を中心に子どもたちも一緒につくる芝居「もがれた翼2014」をみてきました。「もがれた翼」は、子どもの権利条約が批准された1994年に最初に上演され、それから毎年、内容を変えて上演さ … 続きを読む →

カテゴリー: 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ |

音楽界のリーダーにもっと女性を~異国にて69年目の8.15に~夏の旅より②

2014年8月21日 10時08分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ

今年の8月15日はザルツブルクで過ごしました。終戦記念日のこの日は聖母マリアが天国に召された記念日で、カトリック教信徒の多い国では「聖母被昇天祭」という祭日にあたります。早朝から教会の鐘が鳴り響き、特別ミサが催されます。 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ |

ドン・ジョバンニの泉とカルメンの白壁と ~スペインのおもてなし~ 夏の旅より①

2014年8月15日 08時26分 | カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

盛夏の東京を離れてヨーロッパに来ています。オーストリアのザルツブルクで2日間過ごしスペインへ飛んでグラナダでアルハンブラ宮殿などを観光、それからコルドバに立ち寄ってマドリードで1泊してザルツブルクに戻るというスケジュール … 続きを読む →

カテゴリー: 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

「アンネの日記」を知ることは「ガザ」を考える妨げにならない

2014年8月7日 07時15分 | カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題

この夏、劇団民芸の舞台劇「アンネの日記」を見てきました。民芸がこの芝居を上演してきた歴史は長く、初演は1956年といいます。アメリカで初めて劇化上演されたのが55年、翌年にはもう日本で上演というのは、当時としては異例の素 … 続きを読む →

カテゴリー: 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

なぜ防げないか子どものネグレクト死 大阪事件と厚木事件

2014年6月10日 00時50分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ

神奈川県厚木市で男の子の白骨死体が見つかった事件の衝撃は、2010年に大阪で母親が幼い姉弟の2児を放置し餓死させてしまった事件を思い出させます。いずれも親の養育放棄が子どもを殺してしまった、2つの事件はよく似ています。  … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 映画・オペラ・おたのしみ |

都知事がいう「女性の活用」と聞いて何を思うか“ローザ・ルクセンブルク”

2014年4月11日 10時02分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

学校の入学式に列席した帰り、思いついて映画をみてきました。『ローザ・ルクセンブルク』、女性革命家の元祖のような人の半生を描いた旧西ドイツの作品です。つくられた1986年はまだドイツが統一されていなかったので、旧西ドイツ。 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

少なすぎます音楽ホール・劇場の女性トイレ

2014年3月28日 08時52分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ

  都議会文教委員会予算審査の質疑より④              音楽ホールや劇場でコンサート、オペラ、バレエ、演劇などの公演中、休憩時間に必ず見られるトイレ待ちの女性の長蛇の列。寒い冬場の公演ではさらにその … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ |