カテゴリー別アーカイブ: 女性・ジェンダー

子宮頸がんワクチンの副反応被害に都は向き合え ~6月2日都議会の一般質問より④

2017年6月11日 10時40分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり

子宮頸がんワクチンは、法定接種となって2カ月後の2013年6月、接種後の健康被害の問題を無視できなくなった厚労省が積極的勧奨を中止し、それ以降の副反応被害の発生は抑えられています。しかしそれまでの約3年間、各自治体が中高 … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり |

アメリカの民主主義は「独裁者をつくらない」しくみ ~進藤久美子さん講演より

2017年4月16日 01時20分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会

昨年、ヒラリー・クリントンが勝つものとばかり思い込んでいた米国大統領選をドナルド・トランプが制したことは、驚がくでした。しかし選挙中の言動がどんなに下品で好戦的、ルール無視、差別的であっても、いざ実際に大統領に就任すれば … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会 |

「男女平等」関連施策にLGBTの視点を ~11月22日の文教委員会<生活文化局>事務事業質疑より②

2016年12月4日 23時10分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり

東京都の「男女平等参画のための東京都行動計画」と「配偶者暴力対策基本計画」における性的マイノリティーのとらえ方が弱く現実にそぐわない、という当事者からの声が多く寄せられています。 両計画ともちょうど改定時期となり、現在、 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり |

知事提唱の「ライフ・ワーク・バランス」 ~10月議会の一般質問より⑥

2016年10月20日 10時18分 | カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり

小池知事は所信表明の中で「ワーク・ライフ・バランス」ならぬ「ライフ・ワーク・バランス」を提唱しています。男性も育児や家事に参加できるよう長時間労働を見直し、働き方の意識や仕事の進め方の改革を求めるとし、生活者ネットワーク … 続きを読む →

カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり |

熊本地震 これを機に“災害時用液体ミルク“の開発を

2016年4月30日 17時34分 | カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権

4月14日夜に熊本県で発生した震度7の地震は「前震」と呼ぶにはあまりにも大きな地震でしたが、16日未明の同じく震度7の「本震」以後は大分県などにまで活動エリアを広げ半月以上たっても余震が収束しません。 2週間後には余震の … 続きを読む →

カテゴリー: みんなの健康と福祉, 女性・ジェンダー, 子どもと人権 |

女性の活躍推進、在宅勤務が広がるか? ~予算特別委員会の質疑より1

2016年4月5日 23時21分 | カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり

都議会第1回定例会の予算特別委員会で3月9日に行った総括質疑より報告します。 質問日の前日、3月8日は国連が定めた国際女性デーであり、女性の権利と世界平和をめざし世界各地でさまざまな催しが開かれましたが、国連の女性差別撤 … 続きを読む →

カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり |

LGBT☓東京都 「市民と行政の協議会」開かれる

2016年2月5日 00時12分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

「東京都における性的指向および性自認に関する課題解決のために」と題する市民と行政の協議会が1月27日、都庁内で開かれ、150人を超える参加者がLGBTの問題について考える機会となりました。 「市民と行政の協議会」は199 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

こどもにやさしい社会をつくる…2016年の初めにあたり。

2016年1月1日 00時00分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 憲法・平和・社会

戦後70年にあたる昨年は、安保関連法をめぐり民主主義の歴史に禍根を残した年になってしまいました。政治にかかわる身として少しでも「非戦・憲法」の側に動かすことを自分の役割と心得て活動してきたつもりでしたが、無力さを思い知ら … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 憲法・平和・社会 |

文教委員会の生活文化局質疑より2 ~NPOと連携し東京ウィメンズプラザのフォーラムもっと充実を

2015年12月15日 09時01分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり

東京都が今年行った男女平等参画に関する世論調査の結果がこの11月に報告されました。男女の地位の平等感について、「男性のほうが優遇されている」と回答した割合が2001年の72.3%に比べて2010年には59.0%に減りなが … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり |

公営企業会計決算委員会の質疑より2 ~都営交通における女性の労働環境について

2015年11月26日 07時55分 | カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり

   都交通局の職員の多くは地下鉄やバスなど現場の職員で、これまではほとんど男性のみでしたが、近ごろは女性乗務員の姿が見られるようになりました。2012年4月1日当時、女性職員164人で常勤職員に占める割合2. … 続きを読む →

カテゴリー: 仕事と産業, 女性・ジェンダー, 自治と議会とまちづくり |

日本で搾取される子どもの性と人権を高校生と考える

2015年9月25日 19時10分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

9月24日のソーシャルジャスティス基金が主催するアドボカシ―カフェ、「売買される日本の子どもたち」というタイトルから目が離せなくなっていました。この日本で…子どもが売買?  それは、「子どもの性的搾取」がテーマでした。あ … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

50年後の慰安婦が遺した歴史証言『“記憶”と生きる』 ~教科書採択の夏に公開される意味

2015年7月8日 01時28分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 杉並と東京都の教育と教科書問題

第2次大戦中、韓国の若い女性がだまされて日本の植民地や占領地で性的行為を強要された「従軍慰安婦」。『“記憶”と生きる』は、当事者自らの語りでその過酷な真実を記録した映画です。   1995年前後の韓国。「ナヌムの家」とい … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

「女の平和」再び! 6.20ヒューマンチェーンで国会包囲

2015年7月4日 11時40分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会

  今年1月17日に行われた「女の平和」。あれは歴史的事件でした。そもそもは国際婦人年だった1975年にアイスランドでおこった「レッド・ストッキング」運動に触発された企画だそう。政権への女性による異議申し立て行 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会 |

LGBTの人権問題を教育課題に~ 2/27都議会の一般質問より⑦

2015年3月19日 00時45分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題

舛添知事がうたう「世界一の都市」とは何か。「長期ビジョン」では「生活習慣・文化・価値観などの多様性や人権が尊重され、だれもが幸せを実感できる都市、だれもがそこに住み続けたいと思う都市」と定義されました。そこで、人権につい … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

渋谷区が準備中の“LGBTの人権を尊重する制度”に注目

2015年2月24日 00時55分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり

  男性同士・女性同士のカップルを「結婚に相当する関係」と認める制度の整備を渋谷区が準備中――と大きく報道されました。レズビアン、ゲイなどの同性愛者や両性愛者、性同一性障害者をふくめた性的マイノリティー(LGB … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり |

女性が輝く社会に必要なこと、たとえば音楽史をジェンダーの視点で読み直す

2015年1月16日 10時20分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ

国立音楽大学名誉教授の小林緑さんは、歴史に埋もれた女性作曲家たちの存在を掘り起し、その作品の芸術的・歴史的価値はもちろん、女性の自立や尊厳ということにまで光を当てた研究者です。音楽史をジェンダーの視点で読み直した研究は貴 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 映画・オペラ・おたのしみ |

LGBT(性的マイノリティ)の「T」=性同一性障がいについて~11/20文教委員会の質疑より③

2014年12月4日 20時45分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり

  LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字4文字を取って「性的マイノリティ」全体を総称する言葉です。レズビアン、ゲイは女性・男性の同性愛者、バイセクシュアルは両性愛者、トラ … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 子どもと人権, 自治と議会とまちづくり |

女性の再就職サポートプログラムについて~決算特別委員会の質疑より④

2014年11月4日 00時26分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり

働く女性の数は毎年増加し、労働者全体に占める割合は4割以上ですが、その約6割は非正規雇用となっています。そして収入は男女格差が顕著です。厚労省の調査で、女性の分の2012年の総額は、正規・非正規をあわせても男性の52.2 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 憲法・平和・社会, 自治と議会とまちづくり |

都響と都美術館に親しむ~芸術に公的支援が必要なわけ

2014年9月26日 05時33分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題

芸術の秋。東京都交響楽団のコンサートと都美術館の企画展に行ってきました。  都響は、東京都の助成金を得て運営される1965年設立の公益財団法人です。音楽的実績も実力も、都内といわず日本国内で有数のレベルと言ってよいと思い … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ, 杉並と東京都の教育と教科書問題 |

音楽界のリーダーにもっと女性を~異国にて69年目の8.15に~夏の旅より②

2014年8月21日 10時08分 | カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ

今年の8月15日はザルツブルクで過ごしました。終戦記念日のこの日は聖母マリアが天国に召された記念日で、カトリック教信徒の多い国では「聖母被昇天祭」という祭日にあたります。早朝から教会の鐘が鳴り響き、特別ミサが催されます。 … 続きを読む →

カテゴリー: 女性・ジェンダー, 映画・オペラ・おたのしみ |